●●● モ ン ド 不 動 産 ●●●

60~70年代なモンドでイカす建物を、架空不動産屋モンド不動産独自の目線で勝手に紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳥取探訪~菊竹建築、東光園に泊まる旅その2

toko_kaidan_soto2.jpg

前回↓の回では建物を中心に紹介しましたが、今度は同行してた友人みんなで絶賛してた「階段」をメインに紹介をしたいと思います。東光園のパンフレットにもこの角度からの写真が掲載されてた所からも察するに、やっぱり見どころなんだと思います。外からもすでにカッコいいんですが・・・

toko_kaidan_soto.jpg

中に入ると、まるでヨットのような階段、ロープの手すり、紫の絨毯に驚く。かっこいい!

toko_kaidan_1.jpg

1階はガラスからの光、庭の緑ですごくキレイ。

toko_kaidan_midori.jpg

上を見上げながらグングン登っていく私達。

toko_kaidan2.jpg

どの角度を切り取ってもカッコ良く撮れる不思議!(かといって撮り過ぎ!)

toko_kaidan1.jpg

手すりの形もシャレオツです。

toko_tuika.jpg


コンクリートの柱に彫り込んだ階の案内(これ何ていうんだろ?)も渋すぎる。

toko_kaida_4.jpg

みんなでキャーキャー言いながら結局最上階まで登ってしまうと、屋上へ上る螺旋階段も。さすがにここは行き止まりになって一般人は寄せ付けない感じだったので退散してきました・・・

toko_rasen.jpg

最後は本館と別館?をつなぐ渡り廊下。ここがまた朝日があたるとすごく美しくって。V字の柱の影がいい感じ。

toko_kairo.jpg

そこを渡ると上層階と下層階をつなぐ部分の空中庭園のような場所に出ます。

toko_kairo2.jpg

そこから顔を出すとこんな風に建物が見えました。どっから見てもカッコ良くってみんなカメラ部状態に(笑)

toko_kairo3.jpg

ほんとどこを見てもカッコよくてわざわざ来て良かった!と大満足。
建物の老朽化はいなめませんが、貴重な建築、とにかく建物の保存をお願いします!とアンケートにてお願いしてきました。
建築好きの方は是非宿泊して朝と夜の顔の違いも楽しんで頂きたいです。

toko_tuika2.jpg







スポンサーサイト
  1. 2012/05/24(木) 15:32:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

鳥取探訪~菊竹建築、東光園に泊まる旅その1

toko1.jpg

毎度おなじみのんびりすぎる更新頻度ですみません。こんにちは、モンド不動産社長、chieです。

この度、鳥取へ友人らと旅に出てました。
旅のミッションは三つ。

1、シマシマの練り込み器で人気の「牧谷窯」杉本さんの窯元を訪れる事。
2、美味しい現地のパン屋を訪ねる事。(4人中3人がパン焼きが趣味)
3 今回一番のミッションである菊竹清訓氏設計の「東光園」に宿泊する事

東光園。1964年竣工。戦後を代表する建築家、あの万博エキスポタワーも設計された菊竹清訓氏設計のモダン建築。DOCOMOMO100選にも選ばれてます。
バスガイドのおかん曰く「あそこは老舗のええ旅館やで~。天皇陛下も泊まったんやから。」
との事。笑

私の中のデータはその程度・・・建築の詳しい事はいつもの事ながらわかりませんが(勉強不足でごめんなんさい)いやほんと、凄かったです。ものすごいかっこよかったんです。
写真だけはいっぱい撮って来たので厳選して紹介したいと思います。

toko3.jpg

ちょうど夕方到着した私達。西に傾く太陽の光を浴びて美しく光る本館(入口付近)。
もう到着した時点でみんなテンション上がりまくりww
夕暮れ時だったので、取りあえずiphoneで数枚撮影し、ちゃんとした
撮影は明日の朝でもいいかな~とも思ったんですが、
「明日雨やったらあかんし今日撮っておくべし!」という友人N嬢の激に
「ほんまや!」とカメラを出す私。
ちょうど夕暮れ時で美しい姿が撮れました。

toko_robby_hasira.jpg

そしてロビーへ。まず目に飛び込んで来たのがこの柱!こんな柱、普通ロビーにある!??
出雲大社をイメージしてるだけあって、古い日本家屋の家の中にある柱のようですね。
びっくりです。迫力ありすぎ。

toko_robby1.jpg

そして今回一番楽しみにしてたのがこのロビーのラウンジコーナー。
高い天井。紫の絨毯に剣持勇のラタンチェアがハマり過ぎてる・・・
素敵すぎる空間にしばしうっとりして腰を下ろす。

toko_robby_ratan.jpg

上からも覗いちゃう。天井からはいかにもこの時代っぽい前衛的なオブジェか照明のようなものが吊るされてる。

toko_robby_ratan3.jpg

色んな角度からね。(しつこい?)

toko_robby_ratan2.jpg

ラウンジの角にあったこの照明もハマってました。どこかフランクロイドライトの照明を思い出すような・・・
ちょっと灯篭のような・・・日本庭園にも似合う、そんな照明でした。

toko_shoumei.jpg

そんなお庭も素晴らしい・・・(設計は彫刻家の流政之氏。東光園HPより)のですが
私達は庭から建物を撮ります(他のお客様は庭を撮ってましたが。笑)
手前の出っ張りが階段室です。階段室についてはもう写真が多すぎて大変でした。
厳選してもそこだけかなりの枚数になってしまいました。
それくらい素敵だったという事で、階段についてはまた後日・・・

toko_niwa.jpg

chie社長






  1. 2012/05/17(木) 15:00:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。